江東区(門前仲町駅・木場駅)の「木場きたむら動物病院」は、犬・猫・うさぎ・ハムスターなどを診療します。

腹腔鏡手術

  • HOME »
  • 腹腔鏡手術

傷の小さな避妊手術

腹腔鏡下卵巣摘出手術

昔から現在まで、避妊手術はお腹を大きく切開する開腹手術が主流です。
しかし当院では、最先端の医療技術である「腹腔鏡を用いた避妊手術」を実施しています。
2箇所、5ミリ程度の穴をあけて手術をします傷が小さく痛みの少ない、「低侵襲」な避妊手術です。
まさに次世代の避妊手術であり、動物達の負担は激減します。
しかし、腹腔鏡手術は特別な技術が必要で、実施病院は非常に少ないです。
当院では腹腔鏡のトップランナーを顧問にお迎えして実施しております。
私自身多くの開腹避妊手術を実施してきましたが、
腹腔鏡手術の素晴らしさに驚嘆しています。
大切な我が子の避妊手術をご検討の方、腹腔鏡手術を選択肢に入れてください。

腹腔鏡手術とは?

その利点

①傷口が小さく痛みが少ない

2箇所、5ミリ程度の穴をあけて手術をします。これは中型犬や大型犬であっても同じです。
犬の体が大きいほど開腹手術の傷口は大きくなります。つまり腹腔鏡手術のメリットが大きくなります。

②日帰りでの退院が可能

通常の開腹手術では一泊入院ですが、腹腔鏡手術では当日退院できます。

③精密で安全な手術が実施できる

拡大した視野で手術をするので、開腹手術よりも安全です。
開腹手術では見えない血管などが、はっきりとモニターで確認できます。

腹腔鏡手術の流れ

ポートを設置します。
ポートとは、鉗子やカメラの入り口となる穴のことです。

カメラで腹腔内を観察します。
血管シーリングシステムを用いて、卵巣摘出をしていきます。

卵巣を体外に取り出します。
手術終了。極めて傷口が小さいです。

手術から5時間後には帰宅できます。

犬の腹腔鏡を使用した避妊手術の料金表

費用表
(税込)
料金

5kg未満

¥74,794

5kg以上10kg未満 ¥81,559
10kg以上
20kg未満
¥96,959

腹腔鏡のブログリンク

→ 腹腔鏡に関するブログ①はこちら

→ 腹腔鏡に関するブログ②はこちら

お問い合わせ / 診療ご予約 TEL 03-6458-8316 完全予約制 

午前 08:00-12:00(最終受付11:30)

午後 16:00-19:00

電話応対 07:30-19:30

[休診日 月曜午後、火曜終日 ]
[予約方法]ネット予約が便利です
(緊急の場合はお電話ください)

PAGETOP