江東区(門前仲町駅・木場駅)の「木場きたむら動物病院」は、犬・猫・うさぎ・ハムスターなどを診療します。

凍結治療(イボなど体表の良性腫瘍)

  • HOME »
  • 凍結治療(イボなど体表の良性腫瘍)

 凍結治療では、体の表面にできたイボや腫瘤を急速に凍結させることで、除去します。専用機器の先端から-89℃の亜酸化窒素が噴出され、腫瘤を凍結させます。

 一週間程度でカサブタができて、自然に剥がれ落ちます。この治療は痛みが少ないため、麻酔をかけずに実施可能です。

 「イボは取りたいけれど、麻酔が心配…」という犬や猫にはもってこいの治療です。

 お気軽にお問い合わせください。

 

治療対象

・イボなどのできもの

・肛門周囲腺腫

・マイボーム腺腫(まぶたの腫瘤)

治療実施例

 1回の治療は凍結・解凍を3~4回程度繰り返します。

 麻酔はかけずに行い、所要時間は10分程度です。

 一週間後の再診時にかさぶたを除去して、腫瘤が残っていなければ治療終了です。腫瘤が残っている場合はもう一度実施します。多くの腫瘤は3回以内に除去できます。

治療前

右目の下まぶたに、大豆ほどの腫瘤ができていました。表面からの出血があり、飼い主さんがお困りでした。

 

治療後

4回の凍結治療で、ほとんどわからないほど腫瘤が退縮しました。麻酔をかけず、腫瘤を除去することができました。

 

治療費

 目安は1回1万円程度です。手術に比べると費用はかかりません。

お問い合わせ / 早朝診療ご予約 TEL 03-6458-8316 早朝診察 7:00-9:00
午前 9:00-12:00(最終受付11:30)
午後 17:00-20:00(最終受付19:30)
[休診日 月曜午後、火曜 ]

PAGETOP