江東区(門前仲町駅・木場駅)の「木場きたむら動物病院」は、犬・猫・うさぎ・ハムスターなどを診療します。

猫の難治性歯肉口内炎(臼歯抜歯手術)

  • HOME »
  • 猫の難治性歯肉口内炎(臼歯抜歯手術)

猫に特有の病気が「歯肉口内炎」です。

猫の口内炎は症状がひどく、内科的治療ではほとんど効果がないのが特徴です。

症状としては「食欲不振」「流涎(よだれが過剰)」「痛みで開口時に鳴く」などがあげられます。

炎症止めなどの対症療法を行っても完治する可能性は低く、臼歯抜歯などを組み合わせた治療を行います。早期の治療が重要なので、漫然とした内科治療(お薬の治療)はせず早めにご相談ください。

①口内炎が軽度の場合

スケーリング(歯石除去)、抗生物質の投与などにより「口腔内衛生環境の改善」で経過をみることがあります。

また同時に炎症を起こした歯肉を、炭酸ガスレーザーメスで蒸散処置を行います。

 

②口内炎が重度の場合

臼歯をすべて抜歯します。猫の抜歯は簡単ではありません。歯根が残ると口内炎が治りにくいため、歯根を残さない丁寧な抜歯が必要です。歯科レントゲン装置や専用機器を用いて抜歯します。当院では設備を整えており、全臼歯抜歯も可能です。

お問い合わせ / 診療ご予約 TEL 03-6458-8316 完全予約制 
午前 08:00-12:00(最終受付11:30)
午後 16:00-20:00(最終受付19:30)
電話応対 07:30-19:30
[休診日 月曜午後、火曜終日 ]
[予約方法]ネット予約が便利です
(緊急の場合はお電話ください)