江東区(門前仲町駅・木場駅)の「木場きたむら動物病院」は、犬・猫・うさぎ・ハムスターなどを診療します。

泌尿器系疾患の治療

  • HOME »
  • 泌尿器系疾患の治療

<膀胱炎の症状>

猫で最も多い病気の1つが、「泌尿器系疾患」です。特に膀胱炎は最も多い病気です。下記のような症状が出た場合は「膀胱炎」が疑われます。すぐに受診してください。

  • 頻尿(何度もトイレに行く)
  • 有痛性排尿(痛くて鳴きながら排尿する)
  • 血尿(桃色の尿)
  • 尿がでない(特にオスネコ)

<膀胱炎の原因と治療>

猫の場合、膀胱炎の原因は多岐にわたります。とりわけ特発性膀胱炎は「明らかな原因がないのに起こる膀胱炎」で猫の膀胱炎の60%以上を占めます。特発性膀胱炎は様々な治療を組み合わせて治療します。

治療の例

  1. 食餌療法(特に尿石症が関与している場合)
  2. サプリメント(猫をリラックスさせる、炎症を抑えるサプリメント)
  3. 内服薬(抗炎症薬、抗生物質)
  4. 環境整備(トイレ環境の整備など)

<オス猫の尿路閉塞>

オスは尿道が細く、膀胱炎を起こした場合に「尿路閉塞」を起こすことがあります。尿路閉塞は命に関わりますので、オス猫で排尿の異常が出た場合は、特に早く受診してください。

尿路閉塞をカテーテルにて解除しています

お問い合わせ / 早朝診療ご予約 TEL 03-6458-8316 早朝診察 7:00-9:00
午前 9:00-12:00(最終受付11:30)
午後 17:00-20:00(最終受付19:30)
[休診日 月曜午後、火曜 ]

PAGETOP