江東区(門前仲町駅・木場駅)の「木場きたむら動物病院」は、犬・猫・うさぎ・ハムスターなどを診療します。

甲状腺疾患の治療

  • HOME »
  • 甲状腺疾患の治療

中年齢以降の猫に多い病気の1つが、「甲状腺機能亢進症」です。甲状腺機能亢進症は、症状が多様で見落とされがちです。従って甲状腺機能亢進症が疑われるときや、健康診断の際には甲状腺ホルモンを測定しています。

当院では甲状腺ホルモンの院内測定が可能で、10分ほどで計測できます。

治療方法

治療方法は一般的にはお薬での治療です。甲状腺ホルモンの産生を抑制する「チアマゾール」というお薬を飲んでもらいます。甲状腺ホルモンを測定しながら、お薬の量を調整します。治療がうまくいくと、体重が増えてふっくらしてきます。また下痢や嘔吐も止まります。

当院ではホルモン測定器を導入しており、10分で結果がでます

メルカゾール錠(チアマゾール)。甲状腺機能亢進症の治療薬です。

お問い合わせ / 早朝診療ご予約 TEL 03-6458-8316 早朝診察 7:00-9:00
午前 9:00-12:00(最終受付11:30)
午後 17:00-20:00(最終受付19:30)
[休診日 月曜午後、火曜 ]

PAGETOP