江東区(門前仲町駅・木場駅)の「木場きたむら動物病院」は、犬・猫・うさぎ・ハムスターなどを診療します。

子宮蓄膿症

  • HOME »
  • 子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は避妊手術を受けていないメス犬で多発する疾患です。子宮に細菌感染がおこり膿がたまります。発情後1-2か月後に最も多く発生し、命に関わる非常に恐ろしい病気です。

<子宮蓄膿症を疑う症状>

  • 陰部が膿で小豆色に汚れている(膿が出ないタイプもある)
  • 多飲多尿
  • 発熱や食欲不振
  • 発情後1-2か月での体調不良

<子宮蓄膿症の治療>

子宮蓄膿症の治療は原則として開腹手術です。子宮と卵巣を摘出します。細菌から出た毒素により敗血症や腎不全になることがあり、手術後も油断はできません。通常5日程度入院をして点滴治療を実施します。

膿が貯まり異常に拡張した子宮

 

お問い合わせ / 早朝診療ご予約 TEL 03-6458-8316 完全予約制 
早朝診察 7:00-9:00
午前 9:00-12:00(最終受付11:30)
午後 17:00-20:00(最終受付19:30)
[休診日 月曜午後、火曜終日 ]
[予約方法]ネット予約が便利です
(緊急の場合はお電話ください)

PAGETOP